顔のたるみを防ぐトレーニング

顔のたるみを防ぐトレーニング

年齢と共に表れる顔のたるみを防ぐには、顔の筋肉を鍛えるのは一番だと言われています。
顔の筋肉は表情筋と呼ばれていて喜怒哀楽の感情を表すために比較的よく使われる筋肉なのだそうです。でも年齢を重ねたり、あまり表情を顔に表さないでいたりすると、表情筋が衰えてきてだんだんたるんでしまいます。
そうしたたるみを防ぐために顔面トレーニングを続けなければいけません。私も毎日続けてますよ。トレーニングといっても顔の筋肉、主に頬筋を動かすだけで、一回にやるのは2〜3分、長くても5分程度です。道具も入りませんからいつでもどこでもすぐにできます。
でもこれをすると変顔になってしまうので、周りに誰もいない時にしなければいけません。もし他の人に見られてしまったら「急に面白い表情をする変な人」と思われてしまいますよ。
私はトイレに入っている時やお風呂に入っている時によくします。特にお風呂で湯船に浸かりながらリラックスしている時にやってます。