過払い金専門の弁護士さん

FX投資でなぜ含み損を抱えた投資家は損切りを先延ばしにしてしまうのか

FXで稼ぐことにおいては経済指標の確認も大事ですが、投資家も人間なので行動経済学も勉強してみると大変面白いです。知って納得のFXプラチナファンド・パーフェクトコピーは、こちらです!
投資家の心理状態で取引が加速することが多く、大多数の投資家がどう考えるかと予想する時に役に立ちます。例えばプロスペクト理論からなぜ人は損切りが出来ないかを読み解くことが出来ます。詳しく知りたいPFPCを検索してください!
プロスペクト理論とは同じ金額でも損失の方が大きく感じやすく、損失の確定を先延ばしにする傾向にあるということです。また儲かる喜びよりも損する悲しみの方が耐性ができやすいということです。初めに含み損を抱え込むと、投資家はストレスを感じます。しかしこれがさらに倍の損失を抱えても倍のストレスは抱えるわけではないのです。友人達の間でもFXプラチナファンド・パーフェクトコピーは話題です!
言い換えると最初に含み損を抱えた時のストレスからすると、損失が大きくになるにつれてそのストレスの係数が小さくなり、鈍感になります。必見です!PFPCを検索してください!
つまり最初の小さな損失のうちに損切りできないと損失が大きくなってもなかなか切れなくなるそうです。そして実際の相場では全戻しで含み損が解消されるような場面が何度かあります。含み益からの全戻しよりもこのような含み損からの戻しの方が投資家の記憶に残りやすいため、もしかしたら戻るかもしれないという淡い期待によってさらに損切りを延期してしまう心理状態に陥りやすいのでしょう。詳しく知りたいFXプラチナファンド・パーフェクトコピー PFPCが話題になってます!