過払い金専門の弁護士さん

注文住宅〜広く見せる設計方法

限られた広さの家を建てる時は、なるべく広く見せたいと思うのは当たり前かもしれません。注文住宅では、デザインや色を選ぶ段階で、開放的に見せることもできるのですよ。

 

たとえば、天井や壁の色です。注文住宅では当然色や素材を選ぶことが出来ます。少しでも広々として見せるには、床、壁、天井の順番にどんどん色を薄くしていくことです。天井があまりにも濃い色合いだと、圧迫されるような感じがするのです。床、壁、天井をトータルで見て色合いを決めていくとよいでしょう。

 

また設計のときに、あえて天井に高低差をつけるのもおススメです。典型的なのが吹き抜けかもしれません。一部だけも吹き抜けがあるだけで、部屋がグッと広く見えるものです。吹き抜けまでいかなくても、廊下は低い天井でリビングだけをちょっと高くする・・こんなことだけでも、開放的な印象を与えてくれるでしょう。

 

このように、注文住宅では、家を広く見せられるような設計をすることができます。間取りが少しせまい場合に、採用してはいかがですか。
もし何かありましたら三重 注文住宅見比べてみてはいかがでしょうか?