過払い金専門の弁護士さん

注文住宅で家を建てるときに打ち合わせをする人々

 注文住宅を扱う会社で働いていたことがあるので、家を建てるときの流れみたいなものが記憶にあります。注文住宅はできた家を販売するものじゃないから、お客様は自分の要望にあった家を建てるためにいろいろな人と打ち合わせをします。それも一人の人相手じゃなかったりします。お任せください!川崎 工務店こちらです!

 

 個人事務所でなんでも一人でやってしまう設計事務所の方に依頼された場合はその人を信用すれば一人で済むパターンもありますが、たいていの注文住宅を扱う会社であれば何人かの人と打ち合わせしなければなりません。最初は営業の人。この人が自分と合わない人ならば、もうお話することはないくらい最初の重要人物ですが、この人が自分の要望を叶えてくれるような印象を持ったならば、打ち合わせが進んでいきます。予算の話や間取りの話、最初に計画している日程のことなどが主な打ち合わせ内容です。その後、本格的な話になると設計士を紹介されます。設計士はお客様の要望に合う家を具体的に提案していって細かい見積もりをだしたり、設計図を見せたり、各種申請関係について具体的にお客様と話合います。そして、具体的に建物が図面上でできあがってくると、インテリアコーディネータさんを紹介され家具やカーテン、照明の打ち合わせに入り、最後に実際に建物を建てていくときに工事担当の人と打ち合わせたりします。
 注文住宅は自分の思い描いた住宅に住むためにはとても良い方法だけれど、お金もかかるしこのようにいろいろな人と打ち合わせをするので体力が入ります。私が仕事をしていたときには、家を建てる前は元気だったけれど、建て終わったら体力と神経を消耗して体調を崩されてしまうお客様も何人かいました。注文住宅を建てようと思う人は自分の体力を高めたり、や体調を整えることも大事なんじゃないかと思いました。